鍵の種類

鍵といえども種類は豊富で、玄関に使われているものから、室内で使われるもの、オフィスや乗り物に使われるものとさまざまな場所で使われています。

カードキーとテンキーの違い

操作が簡単で防犯性も高いカードキー

かざすだけタイプ、差し込んで回すタイプなどカードキーには種類がありますが、荷物を持っていて両手がふさがっているときなど、開けやすく操作が簡単で、ピッキング被害にあいづらく防犯性も高く安心感があります。デメリットとしてカードキーが欠けてしまったり、汚れの付着から施錠できないこともあります。

鍵の紛失の心配がないテンキー

玄関先にあるボタンに登録した暗証番号を入力するテンキータイプの鍵は、機械式や電気式などの種類がありますが、鍵の紛失を防ぐことができます。マンションやアパート、新築住宅でも取り入れられており人気がりますが、設定した暗証番号がわかれば誰でも解錠できるため注意が必要です。

施錠をしっかりと

鍵

ちょっとした外出なら鍵をかけずに出てしまう方も多いのではないでしょうか。外出する際には常に施錠しているつもりでも、ごみを出すとき、そばのコンビニに行くときなど、意識せずに鍵をかけずに出てしまう場面もあるものです。そうしたときに空き巣などに入られてしまう恐れが出てきます。ちょっと家を離れるときでもしっかり鍵をかけていくことを意識してみましょう。意外と忘れがちなのが、窓の鍵です。ドアのカギは掛けたとしても、窓は少しあいていてそこから侵入されるケースも出てきます。単純な形のものだと開けられやすく、施錠していても被害にあうこともあります。窓は破りやすいので、部分的に破って鍵を開けてしまうこともあるのです。こうしたことを考えて、問題がありそうなところは取り換えるなどの対処も必要になるでしょう。安心して生活をしていけるようにするため、セキュリティのことについて考えてみることが今こそ必要となっているのです。

安全性を高める

家の鍵

まずは鍵自体を持ち歩きやすくしてみましょう。ストラップなどを付けると落としにくく持ち歩きやすくなります。カバンなどを持たないときでも使いやすい形がおすすめです。キーケースなどを利用する方も多いです。一度鍵を落とした時には、複製されている可能性などを考えて交換するのが良いでしょう。比較的開けやすい鍵になっている場合には、新しいものに交換したり、補助鍵などを設置したりしてあくまでの時間がかかるようにするなど、泥棒に鍵を開けることを断念させるような工夫が必要です。こうしたものの交換などは自分では難しいこともおおく、専門店で対応してもらえます。こうした形でセキュリティを高めることを考える方も多く、人気が高まっています。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中